• 第5回 人材採用塾 ※受付終了

    第5回 人材採用塾 ※受付終了
    リクルート主要求人メディア元編集長で、ツナグ働き方研究所所長の平賀充記氏を特別ゲストとしてお迎えし、コロナ禍における労働市場を正確に把握し、最適な人材採用戦略を描き実践するためのコツを解説いたします。
    日時 12月17日(木)13時~14時30分
    会場 オンライン開催(接続方法は別途ご連絡)
    定員 定員50名
    概要 コロナ禍における労働市場を正確に把握し、最適な人材採用戦略を描き実践するためのコツを解説いたします。
    参加費 無料

    当日のスケジュール

    • 第1講座

      講座時間

      50分

      2021年~VUCAの時代を勝ち抜く社員採用戦略

      コロナ禍に見舞われた今年の労働市場を総括しつつ、
      予測困難な不確実時代のコア人材採用を読み解く。

      1) 鳥の目~ファクトから労働市場を正しく理解する
      2) 虫の目~求職者のリアルから採用のヒントを探る
      3) 魚の目~2021年における採用成功メソッドを学ぶ

      空前の人手不足状況が続くなかで幕を開けた2020年は、新型コロナウイルス問題によって激変しました。
      観光や飲食に関連する業界のみならず、今年度の最終赤字予想を発表しています。
      企業の業績悪化によって採用市場も急速に冷え込んでいます。

      確かにアルバイトやパートといった雇用は、
      雇用の調整弁として使われることから労働需要の落ち込みは顕著ですが、採用難職場は存在します。
      また新卒採用に代表される社員マーケットは、絶対的買い手市場というわけではなく、
      いい人材の確保には求職者に刺さる工夫が必須です。

      つまりコロナ禍というVUCAの時代の中では、
      日々のニュースを流されることなく、正確に労働市場を把握し、
      最適な人材採用戦略を描き実践する。この視点が極めて重要なのです。

      ウイズコロナ2期目となる2021年、
      採用の勝ち組となるためのヒントを探っていきます。

      ※VUCA  
      V:Volatility(変動性)U:Uncertainty(不確実性)C:Complexity(複雑性)A:Ambiguity(曖昧性)
    • 第2講座

      講座時間

      20分

      情報交換会 ~他社はどうしてるのか?~

      採用情報交換会を実施します。
      他社の取り組み事例を参考に、明日からできることを学びます。

    講師紹介

    • ツナグ働き方研究所 所長 平賀 充記 氏

      ツナグ働き方研究所 所長 平賀 充記 氏

      リクルートにて、FromA、タウンワーク、とらばーゆ、ガテン、
      はたらいくなど、主要求人メディア編集長を歴任、
      メディアプロデュース統括部門執行役員を経て、人と組織の研究家に転身。
      特に30年以上にわたり観察を続けてきた「職場の若者」について造詣が深い。
      昨今では、組織コミュニケーション研究の観点から
      「ポストコロナ時代のリモートワーク」について精力的な研究に従事。
      近著に
      「パート・アルバイトの応募が殺到!神採用メソッド」(かんき出版)
      「なぜ最近の若者は突然辞めるのか」(アスコム)がある。

    お申し込み

    メールフォームでのお申し込みの方はこちら!!