お役立ちコラム

求人に応募がこないときの3つの改善施策

求人募集をしているにもかかわらず、応募がこないとお悩みの方も少なくないのではないでしょうか。 

少子高齢化によって有効求人倍率が高くなってきており、人材確保がますます難しくなってきています。 

今回は、求人への応募を増やすために、応募がこない原因とその対策について紹介します。 

 

応募が来ない原因

ここでは、求人に応募が来ない4つの原因について紹介します。 

 

求職者の欲しい情報が記載されていない 

求人情報に自分の欲しい情報が入っていないと応募のモチベーションが下がる求職者も少なくありません。 

実際、ワンマングループの調査では、56.0%の求職者が募集内容の情報が足りず、応募をためらった経験があると回答しています。

求職者にとって、募集内容が曖昧だと「入社後のイメージ」がしづらくなるため、求人情報は数字など具体的に情報が伝わるようにしましょう。 

 

求職者にリーチできてない 

応募がこない理由に、求人の露出が少なく、求職者の目に入っていない可能性があります。 

近年は、求人媒体が非常に増え求職者もさまざまな選択肢から仕事選びができるようになりました。 

そのため、そもそも求人票を出している求人媒体の利用者が少ない可能性があります。

また、仮に利用者が多い求人媒体でも、求人の掲載順位や掲載場所が悪いことでユーザーにリーチできていない可能性もあります。 

求人が非常に多くある中、求職者に効果的にアプローチできるようにしましょう。 

 

求人媒体が合っていない 

上記の通り、現在非常に多くの求人媒体があるためどれを選んでいいかわからず、取りあえずで有名どころの求人媒体を選ぶこともあるかと思います。 

しかし、求人媒体によってユーザーのエリアや年齢、性別、業種や職種などが異なってきます。

そのため、自社のターゲットにあった求人媒体を選ばなければ、狙った層にリーチできず応募に繋がりづらいです。 

 

待遇が他社に比べ劣っている 

求職者が就職先を決めるポイントの1つとなるのが、会社の給与や福利厚生といった待遇です。

特に、求人が世に大量に溢れているため、求職者も仕事を探す前からある程度待遇の目安を決めておき、それを超えた求人だけをチェックするということも少なくありません。

他社と比較して待遇が悪いために、求人票も読まれず求人の候補から外されてしまう可能性も大いにあります。 

業界の相場を知り、企業のできる範囲で待遇を改善するようにしましょう。 

 

応募を増やすための方法

自社の求人が来ない原因を分析した後は対策を行いましょう。 

応募を増やすために求人で改善すべき3つのポイントを紹介します。 

 

タイトルのPDCAを回す

求職者に求人が表示されたときに最初に見られるタイトル。 

仮にタイトルの内容が求職者の興味を引けなければ求人票の中身を読んでいただけません。 

まずは、タイトルのPDCAを回すようにし、求職者にとって魅力的なタイトルにするようにしましょう。 

求人のタイトルに入れるものとしては、まず職種内容を具体的に記載するようにしましょう。 

また、会社の雰囲気や給料、残業時間や年間休日日数などで他社に比べて強みがあればそれらを組み込むこともおすすめです。

 

求職者目線で求人を作成する

求人を作成するときは求職者目線で作成するようにしましょう。 

仕事内容などが簡単にしか書かれていなければ、求職者は働いた時のイメージが湧かずこの求人に応募しようとはならないでしょう。 

例えば、業務イメージがつきやすいよう、「簡単なPC作業できる方」を「Excel、Power Pointが使える方」とできる限り内容を具体的に記載しましょう。 

また、実際の業務や企業の特徴などを写真を用い視覚的に訴えることも効果的です。

 

求人媒体を変更する

利用している求人媒体に求めている求職者が少ないことも少なくありません。 

一度、求める人材を明確にし、それにあった求人媒体はどこか調査してみてください。 

仮に、どの求人媒体を選べばいいかわからない場合、Indeedの利用がおすすめです。 

Indeedでは、非常に多くの求職者が利用しており、また、アルゴリズムが優秀なため自分たちが求めている求職者に求人が表示されやすいです。 

Indeedの詳細は「Indeedとは?基本的な仕組みについて解説します」でも紹介していますので併せてご覧ください。 

 

Indeedで応募を増やした成功事例を無料ダウンロード

今回は求人に応募がこないときの改善施策について紹介しました。 

弊社ではこれまで応募がこなかった求人を改善した複数の例があります。 

今回は改善効果の特に早いIndeedの事例を共有しましたので、ご興味のある方は是非下記資料をダウンロードしてください。

必要事項をご記入の上、送信いただくと、送信完了画面にて無料でダウンロード可能です。